るーんブログ

人生にスパイスを。ミニマリストの雑記ブログ

寝袋で寝る!3のメリット

当たり前に毎日布団やベッドで寝ているけど、本当に快適なの?

実はもっと良い寝具があるんじゃないかなぁ?

そう思った方に、本当はとっても快適な「寝袋」についてご紹介していきます。

f:id:Rune_rune:20200129175925p:plain

◆3つのメリット

こんな人に読んでほしい

  • ミニマリスト
  • 布団の上げ下げが面倒な人
  • ベッドを置くスペースがない
  • アウトドア好きで外泊好き

□実は布団よりも暖かい

寝袋は基本的に、袋の中に人間がすっぽりと入って睡眠することになります。

そうすることで、寝相が悪く布団を剥いでしまって寒い思いをする。そのような心配がなくなります。

また、登山用などの保温に優れているものを選択することでより暖かさを実感できます。

とは言っても、冬場は地域により寝袋一枚では耐えられない寒さになります。

シュラフカバーの利用や、寝袋の下にアウトドア用マットを敷くことで対応することが出来ます。

実際に埼玉県在住で冬場、これらを利用していますが、今のところ暖房なしで寝ることが出来ています。

□スペースを取らない

ベッドのように場所を取らなく、更には布団のように重くない。これこそが寝袋の最大のメリットだと思います。

夏などの寝袋を使わないシーズンは、コンパクトにしまっておくことも可能で場所を取りません。

重量もとても軽い為、干すことだってとっても楽々です!

これで、毎朝の布団の上げ下げや、重労働の布団干しから解放されるのですからとっても便利!

□アウトドアにも使える

軽量でコンパクトの為持ち運びしやすく、自宅で使っている寝袋も、キャンプや登山などに持って行き使用することもできます!

また、友人宅に泊まりに行くときに自分の寝具を持って行けば、布団が余分にない友人を困らせる事もありません。

海外旅行でドミトリーなどに泊まるときに利用できるのでお勧めです!

◆デメリット

しかし、寝袋睡眠にはデメリットもありますのでそれらを紹介していきたいと思います。

□やっぱり布団で寝たい

睡眠とイメージして思い描くのはやはり、ベッドや布団で眠ることではないでしょうか?

寝袋で寝始めると初めのうちは、キャンプのような気分でわくわくするものの、次第にやっぱり布団や、ベッドで眠りたいなと思う時期が出てくると思います。

しかし、それも気分的な問題が大きいので一時を過ぎると、次第に「寝袋でいっか!」という気持ちに変わってきます。

筆者は布団で寝たい気持ちは持ち合わせていますが、旅館に行ったときなど特別な日に利用したいなと考えています。

□寝袋は背中が痛い

寝袋で寝る際に、床の上に寝袋だけを敷いてその中で寝るとやはり、背中が痛くなります。

これはやせ型の体系の方は特に感じると思います。

筆者もやせ型の為、マットがないと床が硬すぎて寝ることが出来ません。ですが、このデメリットもアウトドア用のマットを寝袋の下に敷くことで緩和することが出来ます。

しかし、ある程度の年齢を超えた際はさすがにアウトドア用マットだけでは辛く感じると思います。

軽量のマットレスなどを敷くことをお勧めします。

◆さいごに

寝袋は多くの方におすすめできるものだと思っています。

睡眠時間というのは、一日の約3分の1の時間に相当し、とても大切な時間で人生の幸福度影響します。

それは、寝具の本来の性能だけではなく、良いと思われているものを使って寝ていると幸せに感じる、という心理的な幸福度も含みます。

ですので、今使用している寝具に少し不満がある方は、『寝具はベッドや布団!』という固定概念を一度捨てたうえで、メリットとデメリットを比較し検討してより自分が満足する方を選んでいただければと思います。

□筆者愛用の寝具

・寝袋

f:id:Rune_rune:20200118092619j:plain

・シュラフカバー

f:id:Rune_rune:20200118092724j:plain

・アウトドアマット

f:id:Rune_rune:20200118092747j:plain